ペニス増大20cm超えの道のり

ペニス増大サプリの歴史と進化【2018】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペニス増大サプリって十数年の歴史がありますが、どんな風に進化していったのか調べました。
それによりおのずと、ベストなサプリ、無駄な購入を避けて自分に合ったサプリも見つかるでしょう。

シトルリンによりペニス増大サプリが流行る

ペニス増大サプリの始まりはスイカなどに含まれる「シトルリン」というアミノ酸の一種に精力的な効果があると発見されてから始まります。シトルリンには血管を拡張する作用がある為なんですね、その他冷え性改善やダイエットにも効果があったりします。
しかし当然シトルリンのみでは増大に至る事はありません。
その他に動物系や植物系、豊富なアミノ酸系の成分が体内で特殊な相乗作用を起こす事で増大に至るという事です。

初めてネットで広まったのはシトルリンXLというサプリ。
その名の通りシトルリン中心の成分で構成されてます。
値段は19000円付近だったと思います、かなり効果なサプリでした。
成分はわずか10程度で、今はゼナフィリンが100とかなのでかなり少なく、効果も万人受けとまではいきません。

しかし、その頃ネットでアフィリエイターという一種の宣伝屋が多く出現し、効果があると謳えまくったので、「増大サプリ」自体に火がついたんですね。
もちろん火が付いたのは「効く人」もいたからだと思いますよ。

それから色んなペニス増大サプリが出現しました。
しかしやっぱり成分は多くて20程度、値段は6000円前後まで下がりましたが、この辺の値段のもはクオリティはやっぱり下がります

昔は増大サプリに副作用があった

そして一番の懸念材料は昔の増大サプリは頭痛や気持ち悪いなど何かしらの副作用がありました。
逆に副作用のないものは、効果、実感すらないと言われていましたね。

当時から「バイアグラ」や「シアリス」は存在しましたが、ネットで購入するという文化もありませんでしたし、副作用があって危険というイメージもありました。だから「気軽なサプリ」が流行ったわけですね。
精力剤にはない「ペニス増大効果」ももちろん魅力でした。

ペニス増大サプリは成分や構造など性能が進化していった

選ぶポイントでもある「構造」も単に「血流量を増やす」だけで、論理的、根拠に欠けるものがありましたね。

その頃は色々なサプリが登場しても真新しい要素もなかったので「どれも同じ」といったイメージがあります。
そして今から4-5年前、2タイプサプリが登場します。

2タイプってのが出現して一気に増大サプリも「万人に効く」ってイメージが加速したと思うな。
その理由はやっぱり成分にあって100種類まで可能になったことだな。

一世を風靡したと言われるのがエルゲインα。今はもう販売していないけど、ペニス増大サプリの組織、細胞、血流という「3構造」の確立。それから革新的な動物系、植物系、アミノ酸系の計100種の成分
これを今までとだいたい同じ値段で実現したからかなり話題になったのを覚えてる。
今では当たり前の2タイプだけど、当時は相当革新的だったな。

そしてその1-2年後、最もペニス増大サプリ業界に衝撃を与えたと言われる「ジスぺリン」が登場。
これはいわゆる初の「3タイプ」
確か錠剤3種類にそれぞれ「3つの増大構造」の役割を持たせた。
そうする事で増大効率がグンと上がった
またこのジスぺリンは今では「増大基礎(基盤)強化」なんて言われている。

その後、100種系の「アデロイン」、3タイプの「リノゲイン」、この2つが「再増大系」と呼ばれるこれまでと異なった要素を持つ「経験者優遇要素」を持ったサプリが登場するのだが、この2つでいい増大結果を出したユーザーの殆どがジスぺリン経験者だったことから、ジスぺリンで「増大基盤を構築する事が大事」という風潮が出来上がったので、ジスぺリンの功績が大きいのだ。

昨年アデロインとリノゲインは爆発的な人気を誇った。この2つは「再増大系」という点では一緒であったが、効果が出た者に違いが出た。アデロインは100種系が故、増大力というより健康度やサブ効果が目立ち、主に40オーバーの者に効果が出たのに対し、リノゲインは30前後の者に「増大特化」した結果が目立ったからだ。ちなみにリノゲインの成分数は厳選された60種。

増大サプリはこの時代から「何か特化した要素」を持っているモノが人気を集めるようになった。

そして今年になってアデロインとリノゲインの両要素を持った100種系3タイプ「ベファイン」が登場。
まさに最強の呼び声が高い。
ジスぺリンで必要となった「基盤強化」を行えて、100種の持ってる安全性やサブ効果も実感できるとあって初心者を中心に人気が爆発する。

こういった上に挙げた優秀な増大サプリはアフィリエイターを持ってない為、真実性も高く評価されていたが、一方でこれら売れてるサプリの名を使って、アフィリエイターが扱う古いサプリに誘導したり、優秀サプリを悪く言う「悪質なアフィリエイター」の存在が増えた事も、増大サプリの歴史を語る上でははずせない。

そして先月に最新の100種系であるゼナフィリンが登場した。新たに基盤強化という概念を「靭帯強化」と置き換え、「角度強化」を可能にした。2タイプでありながら「基盤強化」要素を持ち、「増大に特化」している。靭帯、角度強化をする事でビッグで女性膣内で柔軟なペニス形成を目指すサプリだ。

ペニス増大サプリの歴史のまとめ

  • 年々進化を遂げている。いいモノには必ず「売り」が存在する。
  • 2012年には3タイプそれぞれ役割を持った最も売れたんじゃないかとされる「ジスペリン」、そして2013年には4構造2段式、再増大理論を100種の成分配合に組み込んだ「アデロイン」、その後登場した3タイプ系増大特化のリノゲイン、3タイプと100種系両方を持った「ベファイン」、2014年現段階で最新の「ゼナフィリン」、この辺がマニア達に語られるサプリじゃないかな。
  • どのサプリも成分、配合、理論など違うからね。1錠のものもあれば3錠のものもあるし、成分に至っては精力系の成分ばかっり使ってるのもあれば、体調ケア系の成分ばっかりってのもある。副作用が絡んでくるから成分には着目しないとね。
  • ベファインがホントに凄いのは構造に「根本強化」を重視した点だね。これは増大において最も重要な「増大基盤」強化と捉えられるから、増大効率が良く結果もでやすいだろうね。ただ即効性はイマイチかもいれないけど。構造だけじゃなく成分も独自性あるし確かに相乗作用力によっては色んなサブ的効果がきたいできるだろうね。
  • 成分100種の2タイプだからアデロイン系だけど、成分やら構造やら進化させて相乗作用ってわけね。増大効率は3タイプに劣るって言われてるけどこれなら期待できるんじゃない、2タイプは結局1日4錠って3タイプ(3錠)よりプラス面もあるわけだし。20cmに一番近いサプリになるかもね
  • 単純に100種でこの値段はお得だよ。
    つい最近発売された「ゼナフィリン」成分自体の質が上がったって言われてる、そうなると体内での相乗作用効率が上がるからね、期待していいんじゃないの。
  • 1つの判断基準だが基本、最新のモノ程、成分数や構造が優秀。
  • 増大サプリ発売初期はシトルリンの効果→血流をスムーズにさせる1構造のみ。初期はシトルリン=増大という風潮

その後、主流は細胞活性と血流増の2構造、
細胞組織→細胞増殖→血流アップの3構造となる。ただし、商品によって段階的かランダムかは異なる。

  • アデロインには基本3構造+2構造、リノゲインは3構造を徹底強化、いずれも「再増大」要素が追加される。繰り返し体内で作用する。故に増大サプリ経験者が優遇されている。
  • ベファインは増大に最も重要な基盤(根本)を強化する要素が追加され、増大の効率化をアップ、動物系、植物系、ミネラル系とクラス化する事と100種の成分と3タイプにした事で作用効率格段にアップ。
  • ゼナフィリンは根本強化+靭帯強化に特化し角度要素を追加すると共に増大特化。根本強化と再成長の2タイプで角度強化という新たな要素を追加し、増大において長さ、硬さ、太さを集約した20cmのフォルムを目指す

【2018年】進化の終着は3タイプと成分60種以上

ペニス増大サプリの歴史を知った上で、現在主流要素となった「成分60種以上」「3タイプ」について詳しくまとめてみます。
これは高スペックな増大サプリの最重要の「条件」とも言われています。
なぜ高スペックの条件なのか詳しく説明します。

成分60種以上(~約100種まで)について

そのままですが、成分数が60種以上配合されたペニス増大サプリのことで、要は配合されてる成分数が多いということ。
そもそも成分数50を超えてるサプリでさえ、1割程度でわずかにしかない。

なぜ60種からなのかと言うと、ペニス増大にはアミノ酸、動物系、植物系、ビタミン、ミネラルが必要と言われ、これらを十分に全て配合すると約60種は必要だろうと言われているからだ。
シトルリンやアルギニンはもちろん、すっぽん、サソリ、マムシ、コブラ、トナカイ角やマカ、冬虫夏草、トンカットアリ、亜鉛など必須増大・精力系成分は全て配合。
効果を発揮するにはその成分自体の「質」も重要。見極める事はできないが、年々進化している傾向。

なぜ精力系だけではないのか、色々な種類が必要なのかも話すと、ペニス増大サプリは毎日飲みつづけなければならない。その上で、サプリの持つ増大作用を維持する為には健康状態を良くし、効きやすい体質にすることが重要。よってアミノ酸やビタミン等の健康的な成分も要するというわけ。

また成分同士が混ざる事で引き起こされる「相乗作用」の研究がされてて、恐らく精力成分だけでは効果的ではない理由があるんでしょう。

そしてこの相乗作用力は成分数が多い程、高まるとされている。
相乗作用力は増大・精力だけでなく即効性や健康力など全ての効力に関連する。
だからこれだけ、成分数が多い方がいいって言われてるわけです。

成分数が多いメリットはそれだけでなく、脳や体内に作用する成分も多く含まれるので
快感アップや老化防止、肥満防止、発毛、快眠、美容、胃腸改善などの各成分が持つ様々な健康的な効果も期待できる。
それは同時に安全性も高いってことです!
さっきも言ったが、毎日飲むモノだから体を気遣う成分も入っていた方がペニス増大にとってプラスなのだ。

ただし!
成分数は多ければ必ずプラスではない!
多ければ当然、各成分が微量になるわけで、増大にとって重要度の高い成分も減ってしまってはマイナス。
だから成分数が多いメリットを生かす場合には、2タイプないし3タイプでなければならない。
そうすれば分散することができるのでマイナスを回避できる、ってかその事で2タイプ、3タイプが誕生したんだろうね。

1種(1タイプ)に100種詰め込んだサプリもあるが、健康効果的にはプラスだが、増大や精力にとってはマイナス要素となるってことです!

こういう事情を踏まえると、3タイプであっても成分は100種までが限界なのでは?って言われてる。
つまり、成分数は60~100種がベストってこと。

また世の中に出回っている増大サプリの大半が20種前後で、値段も同じ又は大差ない事から単純に「得だ」と言われている。

現在ネットで購入可能な60-100種の商品は

  • グライバル
  • ボルギア3
  • リザベリン
  • ベルタミン
  • グロスリンα
  • ゼクナール
  • ゼナフィリン
  • バリテイン
  • アルデリン ※
  • ヴィトックスα Extra ※
  • ヴォルスタービヨンド ※
  • マキシリン ※

など。※は1タイプなので注意。マイナス要素となる可能性が高い。

3タイプについて


タイプは種類、例えば錠剤とカプセルなら2タイプってこと。
つまり錠剤が3種類とか錠剤2種+カプセルとか違う構造のモノが3種類あるってこと。

増大サプリの基本構造(細胞活性、組織化、血流量)が3構造だから、3種類それぞれに構造の役割を持てる分、圧倒的に増大効率がいい

3タイプの初期は流動的に構造に作用していくもんだったが、最近のはポイント毎に集中して作用させる構造。
3種一気に飲んだ時に体内で起きる相乗作用が高作用する。

上でも言ったが、3タイプであれば必然的に成分数は多くなるし、配合量も多い
それは相乗作用に繋がり効果に直結する。

世に出回ってるサプリの9割が1タイプだな、2タイプはまだしも3タイプは殆ど存在しない
3タイプだと製造されるのに1タイプ、2タイプと比べたらコストかかってるだろうけど、他と同じ価格ってとこが評価できる。

現在ネットで購入可能な100種系の商品は

  • グライバル
  • ボルギア3
  • リザベリン
  • ベルタミン
  • グロスリンα
  • ゼクナール
  • バリテイン
  • ザストロング ※
  • アトミックス ※

がある。
上記の成分数が多いものとほぼ一緒です。※は成分数が60種以下ってことです。

何百種とあるサプリの中でも、これだけしか販売されていない。
それだけ1万くらいで発売するには独自の研究、開発が必要になり実現が難しい事なのである。

以上、この人気の2つの要素について調べました。
世の中にこれだけしか出回ってないというのは意外でしたね。
逆に言うと今後これらの要素を持っていなければ勝負にならないということでしょう。
増大サプリを選ぶ際、成分、構造、要素は重要な要素なのですね。

失敗しない比較ポイント

効果に直結!ペニス増大サプリを成分で比較

成分 成分は「何が使われているか」と「成分数」によってペニス増大効果が大いに違ってくる。成分数が多いモノでは100種以上、少ないモノでは10種前後と大差があり、価格もほぼ変わらなかったりするので、損得がはっきりする要素である。 成分には主に増大に必要な動物系、植物系、アミノ酸系成分が入っているが、安いモノには何かが欠けていたりするので注意。新しいモノの方が成分の質が良いとされている。また成分数が多ければ相乗作用しやすく、
ペニス増大以外の「サブ効果」が狙える。
成分で比較する

体内でどう作用するのか!ペニス増大サプリを構造で比較

構造 構造とは「どのように増大するか」という過程の説明。ペニス増大には一般的に基本増大構造である細胞→組織→血流という3段階の流れで増大に至る。こういった増大過程が説明されているかは重要である。またペニス増大構造は年々進化しており、「再増大」や「増大基盤構築」「靭帯角度強化」などの特化要素を持つ商品もある。 構造根拠が説明されていても錠剤やカプセルのみの1タイプではその構造実現が難しいので、何タイプなのかも着目点である。
構造で比較する

スペックは年々進化!ペニス増大サプリを新旧で比較

新旧 近年では細胞や成長の科学技術が進歩し、ペニス増大構造に組み込まれているので、商品の新しい古いは外せない要素。現に商品によっては数年前と比べるとはるかに
成分数が多く、構造もより複雑で論理的になっている。 またネットに蔓延するペニス増大サプリの殆どが古く、アフィリエイターが介入し、検索時に出てきやすい為に、効果があるんだ、新しい古い、という事を考えず購入する事が多く、泣きを見るので注意が必要。
新旧で比較する

安いもんは低スペック!ペニス増大サプリを価格で比較

価格 商品の価格は1万円前後のモノと5千円前後のモノに分けられる。ペニス増大サプリは1万円以上のモノを選べ!と言われるように差があります。5千円前後のモノに共通する事項として、1タイプ成分数10前後しかなく、精力がついたかな?程度で終わる可能性大。高ければいいというわけではないが、「増大」においては1万円以上のモノを選んだ方がいいだろう。
価格で比較する
効果、口コミで比較する 効果はその商品サイトに載ってる臨床結果やペニス増大効果の謳い文句。また使用者の感想も含む。公式サイトであれば、いい事が書いてあって当たり前なので、鵜呑みにせず参考程度に。それよりは個人のブログや調査サイトなどを参考にするように! 口コミサイトは公式サイトでなければ、どこから感想を集めたか等の疑問が残る。また知恵袋等も業者が多い為、当てにはならない。正確な比較ができない為、抜粋します。
ペニス増大とその効果の真実
ちんこを大きくする為にすべきこと

ペニス増大豆知識

  • ペニス増大【簡単方法】は手術・器具でなくサプリと自力で可能
  • ペニス増大サプリの2chやアフィリ情報の嘘と本当【危険】
  • 薬局など【市販サプリ】とペニス増大サプリ【通販】の比較
  • ペニスの平均的な大きさ、理想の大きさ
  • ペニス増大の為のオナ禁
  • ペニス増大のツボ
  • 曲がったペニス修正法
  • 最新カドルリンで【早漏対策】女を喜ばすセックス!
  • ペニス増大と勃起に必須な食べ物
  • ペニス増大20cmへの道

© Copyright 2018 ペニス増大サプリ【効果とスペック】比較ランキング2018. All rights reserved.