増大サプリの重要比較項目

ペニス増大サプリを構造タイプ【効果直結】で比較ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペニス増大サプリを構造で比較

ペニス増大サプリに重要なのは構造と成分が最重要事項。
時代の流れで大きく進化しているし、知識があれば変なサプリに捕まることはない。
ここではペニス増大サプリの構造(メカニズム)と60種以上のサプリの構造・タイプ数を比較してみる。

ペニス増大サプリでなぜ増大するのか知る!

ペニス増大サプリのメカニズムも成分同様、知識として理解しておく必要がある。
モノによって、メカニズム(構造)も違えば、成分も大幅に違う!
これを知っておかないと確実にサプリ選びに失敗すると言っていい。
ペニス増大のメカニズムを知り、どうしてサプリメントが効果的なのか?を知る必要がある。

メカニズム(構造)はどういった経路で増大するか、という事。商品のサイトにそういった説明がなければ、真っ先に怪しむべきだ。
また商品によってはメカニズムが、他のパクリだったり、血流を増加させるだけであったり、説明が適当なものが多い。
その商品のサイトで「●cmペニス増大!」など、誇張してる文言の真偽を自分で判断できる。
何がこれまでの商品と違うのか、本当に最新の商品なのか、何に特化し自分に合っているのか、など商品を見極められる大事な要素なのだ。

増大サプリのスペックは価格に比例するとは言い切れず、高いのに低スペックという場合もある。それは、このサイトが比較した表を見れば一目瞭然。
効果はスペックに比例するという事がわかった以上、メカニズムと成分は絶対に注目しなければならない。

ペニス増大のメカニズム

まず、ペニス増大サプリってどのように増大するのか、ネットで簡単に調べて出てくる答えはこうだ。

「アミノ酸成分L-シトルリンが血流を促進し、血流の増大によってペニスが大きくなる」

 ペニス増大サプリの始まりとも言えるメカニズム。この説が公に発表された事でペニス増大サプリのブームになった。しかしこれは十年以上前の話。逆に未だに商品のページで、シトルリンを推してるモノに要注意だ!

シトルリンはペニス増大に必須の成分ではあるが、今の時代では入ってるのが当たり前くらいで、重要視されていない。
重要なのは成分の組み合わせと体内でどう活性するか

効果があるとされる現代のメカニズムは、シトルリンやアルギニンのようなアミノ酸系、すっぽんやマムシ等の動物系、マカや冬虫夏草等の植物系、更に神経作用系、ビタミン系等の成分が体内で相乗作用を起こし、増大に必要な細胞を形成し組織、増殖させ、ペニスに送り込む血流を増加させ増大に至る。これは増大基本3構造とも言われている。

重要な事はアミノ酸系、動物系、植物系、その他、どれが欠けても良くない増大成功率に関わってくる。
また、それぞれ特徴があり、アミノ酸系は「ペニス増大の為の基礎を形成」、動物系は一番の増大や精力効果、植物系は効果が動物系には及ばないが安全度が高いという特徴がある。
故にどれが欠けてもダメなのだ。

比較表を見ればわかるが、意外と動物系が欠けていたり、アミノ酸系だけで構成されていたり、全部入っているがそれぞれが種類が少なかったり、というペニス増大は数多く存在し、失敗する確率が大きい。

ペニス増大のメカニズムを細分化すると、
細胞の増殖、組織化→細胞の活性→血流の増加→海綿体への血流の増加→海綿体の活動量の増加→ペニスの増大
といった過程が必要となる。
簡単に言うと、
組織・細胞・血流
これが増大基本3構造
とも呼ばれている。
最終過程は「血流」なので血流促進を掲げた増大サプリが殆どです。血流の促進によってペニスは増大することが可能になる。

サプリで増大した後は縮むのか

知恵袋やペニス増大関連の質問に
「増大サプリを止めると増大させた分が縮んでしまうのか?」
という質問をよくみる。
確かに満足したサイズになったら止めるだろうし、金がつきりゃぶち当たる問題だな。

一番まともな意見は
「長期間と短期間では戻っていくペースは違う」
ということだ。

例えば
1年かけて5cmアップさせた場合、元には戻りにくいあるいは1年かけて元に戻るだろう。
1カ月で5cmアップさせた場合、1カ月で元に戻りうる可能性がある。

と書いてあった。

つまり継続した分だけ元に戻りにくいという事だな。
なるほど、やはり体に染み込んだ分はなかなか消えないってことだな。
身長と違って、サプリや精力剤で強制的に増大させてる「膨張増大分」は縮んでしまうって意見が多かった。

しかし止めたとしても縮むペースを遅らせる事も可能らしい。
それは、いかに血流が流れやすい体作りになっているかチントレやオナ禁などでも食い止めれるみたいだ。

またペニス増大サプリで目標サイズまで達成後はジョナリスだけで以降そのサイズを継続しているという意見もあった。

確かジョナリスは精力剤だから膨張増大によるサイズアップやサイズ維持には欠かせないって言ってたな。

あとペニスが縮む事に関しては季節も絡んでくるらしく「体温が低い冬の季節はペニスが縮みやすいとあった。

確かに冬のちんこは収縮してるイメージがある。
それから体温を下げること自体、健康に悪影響という書籍もあった。
冬は一層、増大サプリユーザーは飲み合わせやチントレ、食改善などの努力が必要になるみたいだ。

ペニス増大サプリのメカニズム(構造)の歴史

ペニス増大サプリのメカニズム(構造)は時代の流れによって進化している。
ペニス増大サプリが登場し出した10年ほど前は、単にシトルリンと少量の動物、あるいは植物精力成分による「血流をアップさせる」という「1構造」であった。
その為、成分も10種前後と少なかった1構造では増大効率は格段に下がる。成功したとしても時間がかかる。

それから進化し4-5年前になると、「ペニス増大基本3構造」という構造が一般的になる。
この登場でペニス増大サプリは万人への成功率を高め「効かないモノから効果があるモノ」として認知され人気が出始めた。

増大基本3構造とは、成長細胞の増殖、活性→組織化→血流アップという「3段階」でペニス増大する構造。
段階的に行う事で効率を高めたのだ。しかしこの構造を実現するには最低でも成分は20種以上必要、また錠剤やカプセルのみの1タイプでは難しいとされ、「錠剤とカプセルの2タイプ」が主流となった。
2タイプであれば、この段階的な増大構造を理論的に効率良く行えると考えられていた。
そしてよりペニス増大の効率を上げる為に、成分100種含んだモノが登場するなど、高スペック商品が登場するようになる。

近年(ここ3年)更に進化し、増大基本3構造の効率を更に上げる「3タイプ(錠剤3種類)」ジスぺリンが登場しブームとなった。
「増大構造が3構造ならば、3錠それぞれに役割を持たせれば効率的。」と最も合理的な考えであった為、ユーザーに受け入れられたのであろう。
またジスぺリンは初心者に効果を発揮しやすい事から「増大基盤・増大基礎」を強化するのに特化していると言われている。

その後は3構造をベースに更にこの工程を繰り返し行えるような「再増大」要素が加わったアデロインやリノゲインが登場。
ある程度増大したがこれ以上ペニス増大しないといったユーザーに特化していた。

そしてペニス増大にはジスぺリンの基礎強化を更に効率化させ万人型にさせる為、3タイプでけでなく、成分60だったのを100種にさせ初の「3タイプと100種」の要素を持つベファインが登場し爆発的人気を誇る。ベファインのような両要素を持ったモノは「最高スペック」と呼ばれ、増大サプリ全体の数パーセントしか登場していない。

現在(2017)では最新グライバルやボルギア3など3タイプに成分や構造で付加価値をつけて進化させるのが主流になっている。

このようにこれからのペニス増大サプリは何か特化している要素や新しい要素、効率を上げる為の要素がメカニズム(構造)に組み込まれていないとユーザーの心を捉える事ができないんではないだろうか。また進化しても価格が変わらない(主流は1万2000円前後)という点で、知識があれば損をせず、自分が求めるモノも選ぶ事ができる。
成分同様、メカニズムを知る事の重要性を理解できたんではないだろうか。

ペニス増大サプリを構造タイプ数で比較!!

60種以上のペニス増大サプリの構造・タイプ数を比較する前に、「構造・タイプ」についてまとめる。

その商品の構造(メカニズム)を知る事もペニス増大サプリを選ぶ際、成分同様に最重要と言える。構造を知るとは「どうやって増大に至るか」ということ。大抵の商品の公式ページには構造図があるが、あいまいであったり、ないものも存在するので注意が必要だ。構造の説明がないのに「●cmペニス増大!」など、誇張された宣伝文句を絶対に信じてはならない!

ところで10年程前のペニス増大サプリが出始めた頃の構造はというと、シトルリンや動物系精力成分等により「ペニスへの血流量増加させる」という1構造であった。1構造ではペニス増大の効率は格段に下がる。なんとなく効いてるかなという実感程度だけで終わったり、増大成功したとしても時間がかかる。

それから進化を経て「増大基本3構造」という構造が一般的になる。この登場でペニス増大サプリは万人への成功率を高め「効かないモノから効果があるモノ」として認知され人気が出始めた。増大基本3構造とは、

 成長細胞の増殖、活性→組織化→血流アップ

という「3段階」の構造。段階的に行う事で効率を高めたのだ。しかしこの構造を実現するには最低でも成分は20種以上必要、また錠剤やカプセルのみの1タイプでは難しいとされている。そして効果が出やすいモノは

 「錠剤とカプセルの2タイプ」

これが主流となった。2タイプであれば、この段階的なペニス増大の構造を理論的に効率良く行えると考えられていた。そしてより増大効率を 上げる為に、成分100種含んだモノが登場するなど、高スペック商品が登場するようになる。現在でもこの3構造が増大サプリのベースとなっている。

更に構造は進化し、効率を更に上げる為に2タイプではなく

 「3タイプ(錠剤あるいはカプセル3種類)」

が登場する。「増大構造が3構造ならば、3錠それぞれに役割を持たせれば効率的。」という理論であり、増大効率が最もいいとされている。
その後はこの工程を繰り返し行えるような「再増大」要素が加わったモノや、「増大基盤強化に特化」したモノなどが登場。「基盤強化と再増大」の両要素を持ち、角度強化といった独自の要素も持ったものが登場してきている。2017最新ではグライバルが「3種集中作用」に特化したことで即効性や増大効率を大幅に上げた

その構造の真偽、ペニス増大の効率を知る為にも

 構造だけでなく錠剤・カプセル何タイプなのか

も必ず知っておこう。

では当サイトがピックアップしたネットで有名な増大サプリの構造比較だ。

商品
(構造評価順)
構造 タイプ 構造評価
(順位)
実践レポリンク

グライバル
グライバル

■3種集中作用
■状態維持(効率化)
■技術力(最新力)
錠剤3種
3タイプ
5.0
(1/68)

ボルギア3
ボルギア3

■細胞強化
■基盤・靭帯強化
■根幹から
一気に増大
カプセル2種
+錠剤1
3タイプ
5.0
(2/68)

ベルタミン
ベルタミン

■細胞強化
■増大特化
錠剤3種
3タイプ
5.0
(3/68)

ベファイン
ベファイン

■根本強化特化

■相乗作用力特化

カプセル2種
+錠剤1
3タイプ
5.0
(4/68)

リノゲイン
リノゲイン

■再増大系

■増大特化

錠剤3種
3タイプ
5.0
(5/68)

バリテイン
バリテイン

■吸収力特化 カプセル2種
+錠剤1
3タイプ
5.0
(6/68)

ゼナフィリン
ゼナフィリン

■根本強化

■再増大

■角度強化

カプセル1
+錠剤12タイプ
4.0
(7/68)

アデロイン
アデロイン

■根本強化
■再増大系
カプセル1
+錠剤1
2タイプ
4.0
(8/68)

ベクノール
ベクノール

■基本増大3構造 カプセル1
+錠剤1
2タイプ+1錠剤
4.0
(9/68)

ジスぺリン
ジスぺリン

■基本増大3構造
■根本強化特化
錠剤3種
3タイプ
4.0
(10/68)

グロスリンα
グロスリンα

■基本増大3構造
錠剤3種
3タイプ
4.0
(11/68)

リザべリン
リザべリン

■基本増大3構造
錠剤3種
3タイプ
4.0
(12/68)

ゼクナール
ゼクナール

■血流特化 錠剤2、カプセル1
3タイプ
4.0
(13/68)

アトミックス
アトミックス

■基本増大3構造
錠剤3種
3タイプ
4.0
(14/68)

ザ・ストロング
ザ・ストロング

■基本増大3構造
錠剤3種
3タイプ
4.0
(15/68)

ブラビオン
ブラビオン

■シトルリン特化
カプセル1種
1タイプ
4.0
(16/68)

エディケア
エディケア

■血流特化 錠剤6-12
1タイプ
4.0
(17/68)

リゼノール100E
リゼノール100E

■基本増大3構造 カプセル1
+錠剤1
2タイプ
3.0
(18/68)

ゼファルリン
ゼファルリン

■基本増大3構造 カプセル1
+錠剤1
2タイプ
3.0
(19/68)

アルギニンブループログラム
アルギニン
ブループログラム

■血流特化
粉末タイプ
量調節
可能
3.0
(20/68)

ブルーナノシトルリン
ブルーナノシトルリン

■血流特化
中身液体
カプセル1
1タイプ
3.0
(21/68)

ライゼックス
ライゼックス

■神経作用特化 カプセル1
+錠剤1
2タイプ
3.0
(22/68)

ゼクノリン
ゼクノリン

■基本増大2構造 錠剤2種
2タイプ
3.0
(23/68)

純シトルリン&アルギニン
純シトルリン&アルギニン

■シトルリン、アルギニン特化 カプセル2種
2タイプ
3.0
(24/68)

マキシリン
マキシリン

■増大1構造 カプセル1
1タイプ
3.0
(25/68)

アルデリン180α
アルデリン180α

■増大1構造 カプセル1
1タイプ
3.0
(26/68)

ヴォルスタービヨンド
ヴォルスタービヨンド

■増大1構造 カプセル1
1タイプ
3.0
(27/68)

ヴィトックスα EXTRA Edition
ヴィトックスα
EXTRA Edition

■増大1構造 カプセル1
1タイプ
2.0
(28/68)

グラトリン
グラトリン

■増大1構造 カプセル1
1タイプ
2.0
(29/68)

ゼノファーEX
ゼノファーEX

■増大2構造 錠剤1
1タイプ
2.0
(30/68)

新シトルリンXL
新シトルリンXL

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
2.0
(31/68)

ヒュージ55
ヒュージ55

■血流特化
(自称3構造)
錠剤1種
1タイプ
2.0
(32/68)

凄十
凄十

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
2.0
(33/68)

シトルリンDX
シトルリンDX

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
2.0
(34/68)

メガマックスウルトラ
メガマックスウルトラ

■血流特化 カプセル1

1タイプ

2.0
(35/68)

シドルフィンEX
シドルフィンEX

■血流特化 錠剤1
1タイプ
2.0
(36/68)

極GOLD
極GOLD

■血流特化 錠剤1
1タイプ
2.0
(37/68)

ヴィトックスα
ヴィトックスα

■増大1構造 カプセル1
1タイプ
2.0
(38/68)

灼熱立ち
灼熱立ち

■増大1構造 カプセル1
1タイプ
2.0
(39/68)

バーテックスGOLD
バーテックスGOLD

■増大1構造 錠剤1
1タイプ
2.0
(40/68)

サントリーマカ
生牡蠣すっぽん

■血流特化 カプセル1
1タイプ
2.0
(41/68)

クラチャイダムBLACK MAX
クラチャイダム
BLACK MAX

■血流特化 カプセル1
1タイプ
2.0
(42/68)

ゼニス
ゼニス

■血流特化 錠剤1
1タイプ
2.0
(43/68)

プロキオン
プロキオン

■血流特化 カプセル1
1タイプ
2.0
(44/68)


グラゼット

■精力中心 カプセル1種
1タイプ
2.0
(45/68)

ギムロットα
ギムロットα

■シトルリン量
クラボワスカ特化
錠剤1種
1タイプ
1.0
(46/68)

バイアスタ
バイアスタ

■血流特化 カプセル1種
1タイプ
1.0
(47/68)

バイタルアンサー
バイタルアンサー

■アルギニン特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(48/68)

勃鬼神
勃鬼神

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(49/68)

ヴィドログスα
ヴィドログスα

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(50/68)

革命王
革命王

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(51/68)

バイアドズ
バイアドズ

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(52/68)

クエイカーダブル
クエイカーダブル

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(53/68)

サントリーマカ
サントリーマカ

■血流特化 カプセル
1種
1タイプ
1.0
(54/68)

マカエンペラー
マカエンペラー

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(55/68)

ビガリス
ビガリス

■血流特化 カプセル1種
1タイプ
1.0
(56/68)

マカ&クラチャイダム
マカ&クラチャイダム
12000プラス

■血流特化 カプセル1種
1タイプ
1.0
(57/68)

フォース
フォース

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(58/68)

クラチャイダムgold
クラチャイダムgold

■血流特化 錠剤1種
1タイプ
1.0
(59/68)

シトルリンザソリッド
シトルリンザソリッド

■血流特化 錠剤1
1タイプ
1.0
(60/68)

フュージョンEX
フュージョンEX

■血流特化 カプセル1
1タイプ
1.0
(61/68)

ガレリア
ガレリア

■血流特化 カプセル1
1タイプ
1.0
(62/68)

ペニブースト
ペニブースト

■血流特化 カプセル1
1タイプ
1.0
(63/68)

ペニトリン
ペニトリン

■血流特化 カプセル1
1タイプ
1.0
(64/68)

ゼントリンEX
ゼントリンEX

■血流特化 カプセル1
1タイプ
1.0
(65/68)

レガヴィタ
レガヴィタ

■血流特化 カプセル1
1タイプ
1.0
(66/68)

シトルリンX
シトルリンX

■血流特化 カプセル1
1タイプ
1.0
(67/68)

アミノ型凝縮発酵シトルリン9900mg
アミノ型シトルリン9900mg

■血流特化 カプセル1
1タイプ
1.0
(68/68)

最近のペニス増大サプリは「何かに特化」しているモノが人気を誇っている。「ペニス増大」「基盤強化」「ペニス増大以外の効果」「太さ、角度」というだけでなく、「サプリ初心者やサプリ熟練者」「若者や年配」など、そのニーズに応える特徴を持っているモノもあるので、選びやすくなってきていると言える。増大サプリの構造も時代と共に進化していっていると言えるだろう。

構造はその商品の独自のものであり、どういった商品なのか知るのに大切な要素。成分種、成分数を知った上で、構造を見れば、どういったペニス増大サプリなのか、誇張された表現が本当なのか、その商品の効果の真偽が見えてくるはずだ。

失敗しない比較ポイント

効果に直結!ペニス増大サプリを成分で比較

成分 成分は「何が使われているか」と「成分数」によってペニス増大効果が大いに違ってくる。成分数が多いモノでは100種以上、少ないモノでは10種前後と大差があり、価格もほぼ変わらなかったりするので、損得がはっきりする要素である。 成分には主に増大に必要な動物系、植物系、アミノ酸系成分が入っているが、安いモノには何かが欠けていたりするので注意。新しいモノの方が成分の質が良いとされている。また成分数が多ければ相乗作用しやすく、
ペニス増大以外の「サブ効果」が狙える。
成分で比較する

体内でどう作用するのか!ペニス増大サプリを構造で比較

構造 構造とは「どのように増大するか」という過程の説明。ペニス増大には一般的に基本増大構造である細胞→組織→血流という3段階の流れで増大に至る。こういった増大過程が説明されているかは重要である。またペニス増大構造は年々進化しており、「再増大」や「増大基盤構築」「靭帯角度強化」などの特化要素を持つ商品もある。 構造根拠が説明されていても錠剤やカプセルのみの1タイプではその構造実現が難しいので、何タイプなのかも着目点である。
構造で比較する

スペックは年々進化!ペニス増大サプリを新旧で比較

新旧 近年では細胞や成長の科学技術が進歩し、ペニス増大構造に組み込まれているので、商品の新しい古いは外せない要素。現に商品によっては数年前と比べるとはるかに
成分数が多く、構造もより複雑で論理的になっている。 またネットに蔓延するペニス増大サプリの殆どが古く、アフィリエイターが介入し、検索時に出てきやすい為に、効果があるんだ、新しい古い、という事を考えず購入する事が多く、泣きを見るので注意が必要。
新旧で比較する

安いもんは低スペック!ペニス増大サプリを価格で比較

価格 商品の価格は1万円前後のモノと5千円前後のモノに分けられる。ペニス増大サプリは1万円以上のモノを選べ!と言われるように差があります。5千円前後のモノに共通する事項として、1タイプ成分数10前後しかなく、精力がついたかな?程度で終わる可能性大。高ければいいというわけではないが、「増大」においては1万円以上のモノを選んだ方がいいだろう。
価格で比較する
効果、口コミで比較する 効果はその商品サイトに載ってる臨床結果やペニス増大効果の謳い文句。また使用者の感想も含む。公式サイトであれば、いい事が書いてあって当たり前なので、鵜呑みにせず参考程度に。それよりは個人のブログや調査サイトなどを参考にするように! 口コミサイトは公式サイトでなければ、どこから感想を集めたか等の疑問が残る。また知恵袋等も業者が多い為、当てにはならない。正確な比較ができない為、抜粋します。
ペニス増大とその効果の真実
ちんこを大きくする為にすべきこと

ペニス増大豆知識

  • ペニス増大【簡単方法】は手術・器具でなくサプリと自力で可能
  • ペニス増大サプリの2chやアフィリ情報の嘘と本当【危険】
  • 薬局など【市販サプリ】とペニス増大サプリ【通販】の比較
  • ペニスの平均的な大きさ、理想の大きさ
  • ペニス増大の為のオナ禁
  • ペニス増大のツボ
  • 曲がったペニス修正法
  • 最新カドルリンで【早漏対策】女を喜ばすセックス!
  • ペニス増大と勃起に必須な食べ物
  • ペニス増大20cmへの道

© Copyright 2018 ペニス増大サプリ【効果とスペック】比較ランキング2018. All rights reserved.