ペニス増大豆知識

薬局など【市販サプリ】とペニス増大サプリ【通販】の比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ひげ薬局やマツキヨ、ドンキー、コンビニなど市販で売られているサプリ(以下総称して市販サプリ)はどんなものがあるか、効果はどうなのか、高スペックの増大サプリ(通販)と比較してどうなのかを調べ、実践してみた。
結果から言うと、市販サプリにはペニス増大サプリは存在せず基本は「健康サプリ」に近いもの。
意外と知らない人もいると思うが、薬局にはある程度効果が保証されてるような医薬品も置いてあるが、増大目的のものはない。

理由は考えればわかるが、「ペニス増大」自体不透明なものではあるし、そんな名目を打って売る事はできないからだろう。
この観点から言うと、通販サプリにはHPや広告に自由な要素があるから、「ペニス増大」と宣伝してもそれはそうであると認識してるだけだろう。
と、思うところではあるが、実はペニス増大サプリとは様々な違いがあった。

市販サプリの種類

違いの前に薬局やドラッグストア、コンビニなど市販サプリにはどんなものがあるか。
精力関連のサプリをまとめてみる。

  • DHCの亜鉛やトンカットアリ、マカ、シトルリン等のサプリ(薬局やコンビニ)
    1か月分1000円~2000円
  • 小林製薬のマカEX(薬局)
    1か月分約2000円
  • 凄十(薬局やコンビニ)
    1day約400円、1か月分約12000円
  • マカの元気(薬局やコンビニ)
    1か月分約3000円
  • マカ プラス シトルリン800(薬局)
    1か月分約3000円
  • そりすぎマッチョ(薬局)
    ドリンク約800円
  • とどめのマカ将軍(薬局)
    ドリンク約800円
  • エビオス錠(薬局)
    1か月分約2500円
  • ストロングミサイル(赤ひげ薬局)
    1か月分約14000円
  • 絶倫粉粒(赤ひげ薬局)
    20日分約16200円
  • ダイナマイトSEX(赤ひげ薬局)
    10日分約9250円
  • OH! Big(赤ひげ薬局)
    20日分約7980円
  • マカ ゴールドマグナム1000(ドンキー)
    20日分2,890円
  • 弁慶伝(ドンキー)
    4日分1,880円
  • 精泉マカビン丸(ドンキー)
    5日分948円
  • ハッスル絶倫帝王(ドンキー)
    12日分1,580円
  • 絶倫ゴールド(ドンキー)
    1日分698円
  • 魔王金粒(ドンキー)
    1日分798円

などなどドンキーにはまだまだ豊富にあります!

続いて薬局に置いてある医薬品
第一類は店頭販売、説明が義務付け、第二類は登録販売者が販売、要指導医薬品は第一類よりも厳しい条件が設定されています。

  • 金蛇精(第一類)
    20日分約8000円
  • 強力バロネス内服液(第一類)
    1回約2000円
  • プリズマホルモン(第一類)
    2か月分約9000円
  • ストルピンMカプセル(要指導医薬品)
    40カプセルで12000円(1回1錠、1日3回)
  • オットピン(第二類)
    10日~20日分6000円前後

オットピン以外の医薬品は男性ホルモンに作用する成分(メチルテストステロン)が使われており、副作用や使用上に注意が必要です。
その分、サプリよりは勃起・精力に関しては実践上や口コミからも高い効果が期待できます!

市販サプリと増大サプリの違い

市販サプリと当サイトが実践してるようなペニス増大サプリ、または精力・勃起サプリとは根本から違う。
違いを簡単にまとめると

  • 目的・構造
  • タイプ(錠剤やカプセル種類)
  • 成分数
  • 成分種類
  • 成分構成
  • 値段
  • 短期と長期使用

ほぼ全てにおいて異なるといっていいかもしれない。
まず、市販サプリにおいては目的が健康がベースにあって、元気や活力、勃起や精子量など精力効果を求めている。
通販増大サプリもそれに近いものはあるが、目的は増大であって付随して勃起等の精力効果や健康効果があると言えよう。

また増大サプリは1か月ないしそれ以上、毎日使用し作用し続けて効果を出す目的に対し、市販サプリはその日に効果を狙ったものが多いこと。

成分に関しては平均で20種、高スペックともなれば60種以上使用されるが、市販サプリは殆どが10種以下で構成されている。
また錠剤やカプセルの種類も、1種類ではなく2タイプや3タイプが存在する。

構成も高スペック増大サプリはアミノ酸、動物、植物、ビタミン、ミネラル構成が決まっているが、
市販サプリはマカやシトルリンなど1成分にこだわった健康志向の強い構成になっている。

高スペック増大サプリは平均13000円、市販サプリはだいたい3000円以下と、使用されてる成分や構造、性能が違う以上、値段にも大きな差がある。
ペニス増大サプリはどのようなものか【絶対知るべき真実】

失敗しない比較ポイント

効果に直結!ペニス増大サプリを成分で比較

成分 成分は「何が使われているか」と「成分数」によってペニス増大効果が大いに違ってくる。成分数が多いモノでは100種以上、少ないモノでは10種前後と大差があり、価格もほぼ変わらなかったりするので、損得がはっきりする要素である。 成分には主に増大に必要な動物系、植物系、アミノ酸系成分が入っているが、安いモノには何かが欠けていたりするので注意。新しいモノの方が成分の質が良いとされている。また成分数が多ければ相乗作用しやすく、
ペニス増大以外の「サブ効果」が狙える。
成分で比較する

体内でどう作用するのか!ペニス増大サプリを構造で比較

構造 構造とは「どのように増大するか」という過程の説明。ペニス増大には一般的に基本増大構造である細胞→組織→血流という3段階の流れで増大に至る。こういった増大過程が説明されているかは重要である。またペニス増大構造は年々進化しており、「再増大」や「増大基盤構築」「靭帯角度強化」などの特化要素を持つ商品もある。 構造根拠が説明されていても錠剤やカプセルのみの1タイプではその構造実現が難しいので、何タイプなのかも着目点である。
構造で比較する

スペックは年々進化!ペニス増大サプリを新旧で比較

新旧 近年では細胞や成長の科学技術が進歩し、ペニス増大構造に組み込まれているので、商品の新しい古いは外せない要素。現に商品によっては数年前と比べるとはるかに
成分数が多く、構造もより複雑で論理的になっている。 またネットに蔓延するペニス増大サプリの殆どが古く、アフィリエイターが介入し、検索時に出てきやすい為に、効果があるんだ、新しい古い、という事を考えず購入する事が多く、泣きを見るので注意が必要。
新旧で比較する

安いもんは低スペック!ペニス増大サプリを価格で比較

価格 商品の価格は1万円前後のモノと5千円前後のモノに分けられる。ペニス増大サプリは1万円以上のモノを選べ!と言われるように差があります。5千円前後のモノに共通する事項として、1タイプ成分数10前後しかなく、精力がついたかな?程度で終わる可能性大。高ければいいというわけではないが、「増大」においては1万円以上のモノを選んだ方がいいだろう。
価格で比較する
効果、口コミで比較する 効果はその商品サイトに載ってる臨床結果やペニス増大効果の謳い文句。また使用者の感想も含む。公式サイトであれば、いい事が書いてあって当たり前なので、鵜呑みにせず参考程度に。それよりは個人のブログや調査サイトなどを参考にするように! 口コミサイトは公式サイトでなければ、どこから感想を集めたか等の疑問が残る。また知恵袋等も業者が多い為、当てにはならない。正確な比較ができない為、抜粋します。
ペニス増大とその効果の真実
ちんこを大きくする為にすべきこと

ペニス増大豆知識

  • ペニス増大【簡単方法】は手術・器具でなくサプリと自力で可能
  • ペニス増大サプリの2chやアフィリ情報の嘘と本当【危険】
  • 薬局など【市販サプリ】とペニス増大サプリ【通販】の比較
  • ペニスの平均的な大きさ、理想の大きさ
  • ペニス増大の為のオナ禁
  • ペニス増大のツボ
  • 曲がったペニス修正法
  • 最新カドルリンで【早漏対策】女を喜ばすセックス!
  • ペニス増大と勃起に必須な食べ物
  • ペニス増大20cmへの道

© Copyright 2018 ペニス増大サプリ【効果とスペック】比較ランキング2018. All rights reserved.