ペニス増大豆知識

【危険視】ペニス増大手術の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペニスの増大方法の一つとして「外科手術」があります。
多くの方はイメージした時点で、選択しない方法でしょう。
「あぶないんじゃないか?」「バレるんじゃないか?」など不安を伴う手段であることは事実でしょう。
費用が高額であり、かつ元に戻る可能性があるというハイリスクがあるので、オススメはしませんが、どうしても「ペニス増大は医者だ!」って方の為に、一応紹介します。

外科手術にもいくつかの種類があり、手術方法によってはバレずに済む方法もあります。
「長さが気になる・・・。」
まず長さが気になる方は、以下の手術方法を選択されることをオススメします。

埋没陰茎長茎手術

この手術のメリットは確実にペニスを長くすることが出来るという点です。
簡単な概要としては、中に入っているペニスを引っ張り、固定するという考え方に基づく手術です。
ペニスの付け根を2〜3㎝切開し、ペニスを引っ張りだし固定するというものです。
切開するということからもイメージしていただけるとは思いますが、傷跡が残るという点、また手術後は一ヶ月ほど運動をすることができません
費用も20〜30万円ほどかかります。

脂肪吸引式長茎手術

次に「脂肪吸引式長茎手術」を紹介します。
この手術も埋没陰茎長茎手術と同じように、確実にペニスを長くすることができます。
この手術は、埋没陰茎長茎手術とは反対にお腹をへこませることで、ペニスを長く見せるという方法です。
しかし、肥満体型の方にしか施術をすることができないというデメリットがある手術方法で、誰にでも出来るわけではないです。
また、費用に関しても25〜40万円ほどを要します。

亀頭増大手術

次に「長さではなく、太さが気になる。」という方に「亀頭増大手術」を紹介します。
この手術は、最も手軽と言われている手術方法です。
まず費用が5〜10万円程度で済んでしまうこと。そして、注射で亀頭部にコラーゲンやヒアルロン酸を注入するという手術のため、傷跡が残りません。
しかし早い期間で元に戻るのが最大のデメリットですが、
最近では、非吸収タイプの「アクアミド」や「バイオアルカミド」を注入することで、注射の頻度を減らすことも可能になっています。

このように手術にもいくつかのタイプがあり、高確率でペニス増大はしますが、病院の選択等を間違えてしまうと高額な金額を支払うはめになったり、すぐ元に戻ってしまったりするリスクがある事を忘れてはなりません。

ペニス増大手術関連の情報は、
【大金用意】クリニックでペニスを増大する手術を検証(【効果検証】ペニス増大サプリ・精力剤調査)
【ペニス強化】亀頭増大の手術方法や効果、価格を検証(ペニス増大マニア)
【リスク有】ペニス増大の手術は効果的か?(【+2cm最速方法】ペニス増大の達人)
も参考になりそうです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちんこを大きくする為にすべきこと
ペニス増大豆知識
  • ペニス増大サプリのメリット
  • ペニス増大サプリは本当に効果あるのか
  • ペニス増大サプリの真の知識
  • ペニス増大サプリに欠かせない成分
  • ペニス増大サプリのメカニズム
  • ペニス増大サプリの成功確率
  • ペニス増大サプリの効果的な方法
  • ペニス増大器具はどうなのか
  • ペニス増大手術はどうなのか
  • ペニスの平均的な大きさ、理想の大きさ
  • ペニス増大の為のオナ禁
  • ペニス増大のツボ
  • 曲がったペニス修正法
  • 早漏改善-女性の為に

© Copyright 2017 ペニス増大サプリの【効果とスペック】比較2017. All rights reserved.